薄曇りの中で何かを見つけたくて掴みたくて追いかける逃げ場。-The earthly paradise.


by blanc_noir
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

コードギアス 反逆のルルーシュ 第14話「ギアス対ギアス」

ルルは動揺していた。扇に命令するように指示したのはC.C.だった。

…銃がない。気絶している間に顔を見られたということ気付いたからだ。
そしてその場にあった血痕…正体がばれたのは撃った方と撃たれた方の2名らしい。

あやふやな記憶の中、見たような気のするシャーリーの存在。

ブリタニア軍?日本解放戦線の生き残り?
とりあえずはスザクに電話することに。




スザクは学校で、ニーナからユーフェに会えないか尋ねられていた。
ホテルジャックで身を挺して庇ってくれたユーフェにお礼がしたいと。
ナナリーも会ってみたいと言い出す始末、その中で電話がかかってきた。

「何か変わったことはないか?」との質問に
「あるよ、君がいない…」と返すスザク…もぅどうしようかと(笑)
相変わらずの真面目っぷりに、スザクには知られていないと判断。

そしてシャーリーのルームメイトにギアスを使って
シャーリーの部屋を捜索するルルとC.C.。銃は見つからない…。
シャーリーが正体をしっていたらどうするのかとルルに詰問するC.C.
何も答えられないまま、シャーリーがナリタに向かった証拠を見つける。

ナリタの慰霊碑を見つめるシャーリーの背後に、謎の男がいた。
男はすべてを知っていた。
昨晩、ルルが父親を殺したゼロの正体だということも
そこにやってきたヴィレッタを撃ったことも。
そんなシャーリーに男は言葉で責めていく…報いを受けるべきだ、と。

シャーリーの後を追って慰霊碑にやってきたルルだが、姿が見えない。
C.C.と手分けして探していると、ルルはあの謎の男と接触した。
得意だろ?と持ちかけられたチェスの勝負。
そんな二人を目撃したC.C.はあの男がマオだと知る。

チェスは、初めてだと言ったマオの勝利だった。
マオは思考を読むギアスの能力者なのだ。
そして辿り着いた駅で、シャーリーが銃口を向けていた。

ゼロの正体を知り、人を撃ったことで、罪を償うために
ルルと一緒に死のうと言う。
思考が読めるなら人の操作もたやすい、とマオの言葉を否定するルル。
ルルとマオの言葉で混乱するシャーリーはルルを撃つ。
それは掠っただけだが、甘いシャーリーをマオは見放した。

車内に戻り違う銃を手に持つと、扉が勝手にしまり、動き出した。
窓の外には銃口を向けたC.C.がいた。
マオはC.C.を求めてやってきた様子。
ずっと聞いていたヘッドフォンからはC.C.の声が。

一方、ルルは倒れかかるシャーリーを抱き留めた。
シャーリーを巻き込んだのは自分のせいだと謝るルル。
撃った罪を許す、全て忘れさせてやる、とシャーリーに言い
ルルは、ギアスを実行した。

再び慰霊碑の前。シャーリーとルルは完全に他人になった。
ルルに話しかけるシャーリーに、友達を亡くしたと語るルル。
失くしてから初めてわかることがある、と告げると
朝は来る、とシャーリーは励ました。
そんな彼女を見て、ルルはお礼を言って立ち去った。
「今まで、ありがとう」

ぅーん、やっぱりシャーリーにギアス使ったかーって感じ。
シャーリー良いね、折笠さん好きだ、ぅん。
それにしてもマオ…草尾さんかぃ!ww
[PR]
by blanc_noir | 2007-02-02 16:18 | 映像