薄曇りの中で何かを見つけたくて掴みたくて追いかける逃げ場。-The earthly paradise.


by blanc_noir
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

金色のコルダ 第10話『孤高のヴィルトゥオーソ』

いよいよ第二セレクションがスタート。
招待された月森の両親、特に母親から声を掛けられて緊張する土浦。
土浦は有名なピアニストの浜井美沙のファンらしい。

そして先陣を切るのは初参加の土浦。ショパンの幻想即興曲。
2番手が香穂子。パッヘルベルのカノン。
普通科の二人が上手いことに、客席はざわめいた。




その頃、控え室に戻って練習をする月森。
そろそろステージに戻ろうかと、準備をすると背中を蹴られて
クローゼットに閉じ込められ、更に気を失ってしまった。

火原、冬海と演奏は続くが、月森の姿がないことに気付く香穂子。
志水にゆっくり歩くように金澤は言うが、それも時間稼ぎでしかない。

探しに出ると、土浦と火原から、音楽家の二年に
月森が外へ行ったのを見たという情報が。
二人は外を、香穂子は中を探すが、置きっぱなしのヴァイオリンに気付く。
月森がヴァイオリンを置きっぱなしにするだろうか?

一方、月森がようやく目覚めると、既に前の柚木先輩の演奏が流れていた。
誰かが探しに来なければ…しかし、ライバルが減るのに探しに来るだろうか。
そんな疑心暗鬼の中、香穂子が再び控え室にやってきた。
部屋から出ようとした時、後ろから音が聞こえる。
閉じ込められていることに気付いた香穂子は、諦める月森を叱咤する。

外を探す土浦は、先程の二年生の会話を聞く。
首謀者の一人を捕まえてステージ袖に戻るが、客は既に出始めている。
同じく何とか戻ってきた月森と香穂子。
土浦も香穂子も、何故客が出て行くのかと怒った。

コンクールが終了してしまった。
一人、ステージに残って、演奏する月森

控え室の前で会った月森の母と一緒にステージへ。
いつもと音が違うことに気付く二人。母は彼がコンクールに縛られすぎてて
いつも今みたいに伸びやかに弾けばいいのにと言う。
香穂子は、改めて、月森との差を感じた。

パガニーニ!超絶技巧!すげぇや!(*´艸`)ムフフ

おぉぉ、次は遂に!腹黒い人の本性が!(笑)

マエストロ…シュトレーゼマン?(違)
[PR]
by blanc_noir | 2006-12-26 19:36 | 映像