薄曇りの中で何かを見つけたくて掴みたくて追いかける逃げ場。-The earthly paradise.


by blanc_noir
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

D.Gray-man 第09話「巻き戻しの街」

30回目の10月28日を迎えたという女性。

黒の教団、コムイは多分あると思うんだよね~と。
リーバー班長を呼んで説明させると。
事の発端は10月28日に注文の電話を受けた酒屋。
29日に酒を10樽…ところが持って行った町には入れない。
しかもそれから毎日同じ内容の電話がかかってくると。




そこで仮説を立てた。もしイノセンスによる怪奇現象なら
同じイノセンスを使うエクソシストなら入れるかもしれない。
しかし入れたとしても同じ日を巻き戻しているから出られないかもしれない。
…空間が遮断されているだろうから。

そして教団を後にしたアレンとリナリー。
船の上でリナリーはもう慣れた?とアレンに尋ねる。
教団にしても仕事にしても…とりあえず教団は慣れたと答える。
リナリーは最初は一人で入ったから、なかなか慣れなかったという。

そして巻き戻しの町。入り口付近にファインダーのトマがいた。
町に入ろうとすると、バチバチッとまるで拒んでいる様子。
入れるかどうかもわからないけど…とアレン達は歩き出し
…あっさりと、町に入ってしまった。

そして迎えた31回目の10月28日。

とりあえず二手に分かれて、昼に落ち合おうとリナリー。
一人歩き始めたアレンは、ある女性に悪戯をする子供達を見た。
蛇を投げられるも「31回目だから」と避けた女性。
その言葉に違和感を感じるアレン。

ミランダは細い路地に入り、次に起こることを呟いていると
いつもの今日とは違う、モンスターが現れた。
そいつは「イノセンスはどこだ?」と壁に押さえ込む。
そこに手を離してくださいと、アレンも登場。
今日と違うことが起きている=今日から抜け出せたと大喜びのミランダ
スキップしながら路地を出て行った。
追おうとしたアレン、アクマの攻撃をくらうも、何とか撃破する。

スキップして大通りを歩くミランダ、しかし馬車に泥水をかけられた。
それはつまり、今日を抜け出せてはいないということ。
残念ながら振り返ると、今日を変えてくれたあの黒服…
アレンが店に入っていく姿があった。

一方、千年伯爵とその一族の集まりが。
イノセンスを集めろとの言葉に、ロードが一番乗りをした。

店の中で、大量の昼食を食べ尽くしたアレン。
あまりにお粗末な似顔絵を見せ、コトの顛末を話した。
その時、リナリーの背後から、その逃がした本人が顔を出した。
彼女、ミランダ・ロットーから今までの話を聞く。
最初の10月28日に何があったのか…それをはっきりさせなければならない。
しかし、アレンは気付いた。店の中にいた客がアクマだということに。
ミランダだけが町の異変を知り、つまりはイノセンスと接触したこと
に、アクマ達も気付いたのだ。

アレンとリナリーが対戦モードになるも、リナリーにミランダを連れて
逃げるよう言うアレン。しかしレベル2のアクマが3体…厳しい状況。

一方、町の外のトマ。町を見上げた少女が無理矢理中に入っていった。
彼女はロード・キャメロット。千年伯爵の指示に一番乗りした少女が来た。

アクマ3体にさすがに苦戦しているアレン。
しかし、声が響くと、アクマ達の動きが止まった。
「戻れ」その命令に即座に従い、空へ飛んでいった。

そしてロードは、呪われている奴…アレンをいたぶることに。

ぁー、何となく久々なティキ。森川さん…ラストサムライ最高ね。
ていうかミランダがイメージ通りで素敵すぎる(笑) 豊口さんすげぇw

次回予告「不幸な女のイノセンス」
[PR]
by blanc_noir | 2006-12-18 23:31 | 映像