薄曇りの中で何かを見つけたくて掴みたくて追いかける逃げ場。-The earthly paradise.


by blanc_noir
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

金色のコルダ 第04話『迷い心のワルツ』

昨日は悪かった、と謝る土浦。
音合わせ程度なら付き合うよ、と迎えた放課後。
何を弾こうかなーと悩む香穂子に対して、土浦は言った。

『何を弾くかが重要なんじゃない。
重要なのは自分の演奏で何を語るか、いかに語るか』

…ぁー、なるほど。やっぱ芸術なんですね。




南楽器に傘を返しに行くと、おじさんが取り込み中。
何でも、昔撮ったビデオを掘り出しているらしい。
ついに見つけたそれを見ると、小学生の土浦がピアノを弾いていた。
それはショパン。子犬のワルツ。11歳とは思えない演奏だった。

香穂子は結局、コンクールにはショパンを弾くことに決めた。
下級生の子と練習し、ついに前日に。

練習を終え、帰ろうとすると、アップライトのピアノを見つけた。
窓を開けると、そこには偶然にも土浦が。
景気付けに1曲弾いて欲しいと言うと、仕様がないと
弾いてくれた。それも、子犬のワルツを。

昔の音と違って、不思議な感じーという香穂子の言葉で
ビデオを見られたことを知った土浦は照れてしまう。
土浦がピアノを弾けることを隠すのには
クラシックのコンクールに対する重さが嫌だという訳があった。

そして帰り道、ヴァイオリンの音が聞こえてきた。
向かうと、そこは公園。沢山のギャラリーを前に
一人の青年が、夕日をバックにヴァイオリンを弾いていた。
演奏を終えると、一人残った香穂子に「明日、頑張って」と言葉を残した。

王崎さん登場☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ
展開がベタなのは、元がゲームだから(笑)
でも、逆にべたべたでも面白いと思う今日この頃w
[PR]
by blanc_noir | 2006-11-04 23:17 | 映像