薄曇りの中で何かを見つけたくて掴みたくて追いかける逃げ場。-The earthly paradise.


by blanc_noir
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

金色のコルダ 第03話『匿名希望のショパン』

親衛隊との対決で演奏中、周りの人だかりに気付いて
緊張し、演奏まで止まってしまった香穂子。

助けてくれたのは、火原だった。

ヴァイオリンとトランペットが重なり合って
楽しげな音楽が響いて、終わった。
周りからは一斉の拍手が鳴るが、親衛隊は認めない、と。
…火原の鶴の一声(柚木の名前)で、まぁ、一件落着?(笑)



コンクールについて、どうすればいいのか金沢に聞くが
「一応の、担当」と素気なく言われ、恐る恐る月森の元を尋ねる。
すると、3年に絡まれた月森が。止めるために花瓶の水を掛けるが
詰め寄られた際に転んでしまい、更に割れた花瓶で指を切ってしまう。
3カ所程度の掠り傷だったが、大袈裟に反応する月森。
保健室で絆創膏を貼り、月森は濡れた髪を拭いて対処。

その後月森は、金崎の…脅し(笑)によって、普通科の香穂子に
コンクールのプリントを持ってくる。
第一セレクションが始まるというお知らせの内容だった。
しかしその場にいた土浦と、月森は対立してしまう。

放課後、CDを購入した香穂子は帰る途中で何かを聞いて歩を進める。
そこには今まで気付かなかった楽器店があった。
中に入ると、溢れてくるピアノの音が。ショパンの幻想即興曲。
弾いているのは、なんと、土浦だった。
香穂子に気付いた土浦は演奏を止め「誰にも言うな」と脅す。

翌日、テーマ「開かれし者」に沿った曲と伴奏者に頭を悩ませていた。
火原と柚木と挨拶し終えた時に、走り寄ってくる少女。
その1年生の少女は、香穂子に伴奏を申し出てきたのだ。
「コンクールに関わりたい」という言葉に嬉しくなった香穂子は勿論承諾。
笑顔で手を振り別れた…その少女は、笑ってなどいなかった。

ゎあ、やっぱ、なんか、照れるゎ∑(ノ∀`)
今回は土浦フィーバーだったかな(笑)ぁー、楽しいw
[PR]
by blanc_noir | 2006-11-04 22:42 | 映像