薄曇りの中で何かを見つけたくて掴みたくて追いかける逃げ場。-The earthly paradise.


by blanc_noir
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

BLOOD+ 第38話「決戦の島」

ぅーん、バイトっていうか、仕事って大変なんだなぁとしみじみ思った一日でした。
明日もバイトだけど…非常に何だか若干行きたくない気分?(笑)
うぉー、頑張れ自分ヽ(  ̄д ̄;)ノ

決戦の島

カールは戦力外で、むしろ好都合…と、ジェイムズは言う。
ネイサンに散々からかわれてますね、はぃ。
「ジェイムズ、僕を守ってくれるね」
リクの姿のディーヴァはそう言い、ジェイムズに手を差し伸べる。
恭しく跪き、その手を取る…その瞬間、ディーヴァは元の姿に。。

…リクの服装のまま女体になるってどうよそれ。。



小夜はカールとの戦闘を思い返していた。
ソロモンの言葉を…ところが「私は一人だよ」そう呟く。後ろにハジが。
小夜は続ける。クリスチーナ島にきっとカイ達は飛び込んでくる。
でももう誰も傷つけたくない、傷ついて欲しくない。
「カイも、ディヴィッドさんも、ハジも…」
ぁ、良かった、ちゃんとハジもいた(笑)

後方に車が止まり、カイが降りてくる。
ハヴィアからの弁当を手渡し、今夜10時にこの埠頭から
クリスチーナ島へ行くことを告げる。

夜。シフ達は小夜を待っていた。
コープスコーズよりも実践が勝っている、個性もある。
人間達はまだか!?カルマン怒り心頭(笑)…会議中でした。

どうやらディーヴァは埋設施設でPVを撮るらしい?
ルイス「タイミングが良すぎる気がするけどな」
ディヴィッド「例え罠だとしても、それにかけるしかない」
そこに飛び込んでくるルルゥ。小夜が来たらしい。

「みんな待っていたんだぞ」
小夜は「ディーヴァの所へ連れてって欲しい。あとは一人で何とかする」
と言うが、ディヴィッドは今でも盾となる、と告げる。
出発の際、真央達はここで別れるという。
伝言を頼む小夜に「帰ってきて頭下げて自分で言いなさい」
と怒る。…結構まともな事言うようになったかと(笑)

そしてクリスチーナ島。
建物の最上階の明かり…あそこにディーヴァがいる?
ところがシフはシフだけで行動すると言う。
…シフの役目は、周りに待機するコープスコーズを倒すことだから。

早速攻撃される小夜達。現れたのは…ジェイムズ。

すげぇ一瞬で翼手化した(笑)
「唯一の生涯であるお前を倒すことで我々の安全は保証される」
斬りかかる小夜。…確かに小夜の攻撃、単純ですよねぇ。。
「我が愛しきママの前に貴様をやるわけにはいかん」
…その姿でママって言わないでー!!(笑)

そこにカイが乱入してくる。ハジを貸して欲しいと言う。
「いくぜ、相棒!」相棒!相棒!!∵:.(:.´艸`:.)ブッ.:∵

コープスコーズはシフを分断させ、一人一人殺していくつもりだ。
モーゼスが一人になってしまい危ない状況。
しかしカイとハジがやってきて助ける「頼みがある」と。

「ただいま戻りました」ソロモンが帰ってきた。ここは屋敷?
カールの件はともかく、アンシェルから小夜が島に行ったことを聞く。
「クリスチーナ島にはディーヴァが撮影に行ってるはずでしたよね…?」
「予定ではな」…って、ディーヴァいた━━━(゜∀゜;)━━━ !!!!!

そんなことも知らずに戦闘を繰り広げる小夜達。
ぎりぎりの淵に立たされた小夜。
そこに現れるシフ達。コープスコーズはハジが倒した!?
だーからそれを見せろって!(笑)折角の活躍の場面なのに。。
ハジがジェイムズに刺されながらも腕の皮をはぎ
そこに小夜の血を流した刀で刺され、石化が始まる。
勿論そのまま終わるはずもなく、小夜を道連れにしようと飛び込む。
何とか小夜の手を掴んだカイも一緒に落ちていく…。
しかし突然、月をバックに翼手登場。
小夜を掴むジェイムズの腕を切る…翼手化したソロモンでした。
「間に合いましたね」って翼手の姿でその声は嫌だなぁ。。

珍しくソロモンが背広を持ってる…まさか??(*´艸`)ムフフ
「何故」と訪ねる小夜に、島にはディーヴァはおらず
今頃、NYへ向かう準備をしていることを告げる。
全てはシュバリエの長兄・アンシェルが企んだこと。
それでも何故?と聞くのでソロモンは振り返って
「あなたを愛してしまった、からではいけませんか」
…まぁ小夜の花婿候補としては正しい、のか?w
小夜の前に立ちふさがるハジ…おぉ睨んでる睨んでる(笑)
ソロモンは立ち去る。あなたの味方です、と言い残して。

突然崩れるカイ。どうやら怪我をした様子。
「どうして無茶するの」と言う小夜に
「お前の傷に比べれば…」と胸を刺す。
自分は小夜のバンソーコになってやる、と言うカイ。

次回予告「魔法の言葉をもう一度」 カイ語り。
俺さ、終わったら沖縄に帰って、親父の跡を継ぐよ。
沖縄があるからどこにいても平気なんだよな…。

カイも大人になって大分ましになりましたよねぇ。。
ハジも今回もやっぱり刺されたけど活躍してたようだし。。
シフの生き残り組3人は協力するようになったし。。
ソロモンは、ソロモンで…ぅん?(笑) さてどうなるんでしょうねぇ。
[PR]
by blanc_noir | 2006-07-01 18:52 | 映像